男らしくなるにはどうすればいい?男らしさとは?漢Vol.1

どの時代でも、

女は、男らしいパートナーを求め、

男は、男らしい男に憧れ、慕いたいのです。

そう、男も女も人間も関係なく、動物としての本能が「男らしい人」を求めているのです。

オットセイもライオンもサルも、強いオスに惹かれるのです。

男らしくなるにはどうすればいい?男らしさとは?漢Vol.1

今、あなたは自分の顔を鏡で見て「おれって男らしい」って思いますか?

もし、オスとしての覇気を感じられないなら、まだあなたには「自信」というベールをまとっていないからでしょう。
「男らしくなるにはどうしたらいいの?」

今回は、この男らしくなる為の男の修行についてお伝えします。

男らしくなるって何なの??

まず、現代の日本でこの『男らしくなる』という事はどういうことだと思いますか?

現在の日本ではリーダー不在論が囁かれています。
周囲を、強烈に牽引してくれるリーダーシップを持った男が少なく、また頼れる頼もしい男がいないという事態です。

会社にいけば、

  • 肩書きだけで指示するような男
  • 責任からすぐ逃げるような男
  • すぐにペコペコ謝るような男

果たして、このような男たちを”男”と呼べるのでしょうか?

えっ?昭和臭い?

いやいや、強いオスに昭和も平成も令和もありません。

いつの世も強いリーダーは必要なのです。

では、何に気をつけて、何を意識をすれば、男らしくなるのでしょうか?

男らしくなるには、5つ力を磨く

それは、つぎの5つの力を磨く事です。

1. 先見力
2. 判断力
3. 決断力
4. 行動力
5. 体力

ビジネスでも、プライベートでも、トラブルが発生した時に男らしさが問われます。

小さな問題から大きな問題まで、毎日どこでも、男らしさを問われる時があります。

そのような時に、この5つの能力を持っているか、持っていないかで、あなたの評価は大きく変わってきます。

このように書くと、なにか難しく感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

次の1~5のことを頭にいれて、その流れにそって考え、行動に移せば、おのずと答えに辿り着き、しいては男らしい称賛を得ることができるのです。

  1. 情報を即座に集めて
  2. 集めた情報を分析し
  3. 解決のための選択肢を見つけ
  4. 実行し
  5. 結果が出るまで試みる

この5つの思考の流れを、いつも意識することで、あなたの中の行動パターンが確立され、精神的にも強くなっていくのです。なぜなら、「どうしよう・・・」と悩むことがなくなるからです。

普段からこのように、物事を論理的に、かつ深く考える癖をつけることで、問題が発生したときに、解決がしやすくなります。

そして、いつの間にかあなたの脳内では「達成した成功体験」で満たされ、そして自信にあふれることで、ついに「男らしさ」を手に入れることができるのです。そう、内面から溢れる自信というベールです。

もし、リーダーとしての男らしさを磨きたいのであれば。

それは、つねに”将”の役割を果たさなければならないし、責務を果たすことが必要です。しかし先ほどのマインドで毎日を暮らしていけば、必然的に周囲から頼られ慕われることになるでしょう。そこには、いつも先頭に立っているあなたがいて、その背中を周囲は見ているのだから。

自分の意見も無く、行動も起こさないでは、誰もあなたのことを”男らしい”とは思わないでしょう。

小さくてもいい。成功体験を得ることで、自信をつけ、男らしさを手に入れましょう。

上司部下や恋人から、なぜアナタは頼られないのか?その原因と対処法
いざという時に決断力できない。すぐにビビってしまう臆病者。そんな事で悩んでいませんか。それなら、まずは決断力から高めませんか?

昭和の男から学ぶこと。「白洲次郎 編」

典:NAVERまとめ

昭和の頼れる男といえば「白洲次郎」でしょう。
戦後に、占領軍GHQと対等以上に渡り歩き、マッカサーから『従順ならざる唯一の日本人』と言わしめたカリスマ的な存在である男。彼の何が、男らしかったかというと、自ら定めた原則を貫く意志を持っていたこと。

戦後の占領軍に占領されていた日本で、彼がGHQと交渉中にあのマッカーサーへ言った有名な言葉が、
『我々は戦争に負けたが、奴隷になったのではない』。

どんな場面においても、自分の意志を持ち、臆する事ない態度で挑む。
簡単なようでとても難しいし強い心が必要だったでしょう。
これは現代のビジネスの場面などでも通じること。

これからの日本は、ビジネスでもプライベートでも男らしい男が求められる。その時に、あなたが周囲からどのように見られたいのか?なぜ男らしくなりたいのかを、ハッキリと意識しておくことが重要です。
ある重大な選択肢を迫られた時に、あなたが適切な決定を下せるような、男らしい男になるために、日々男になる修行を積んでおきましょう。

ブレない心の持ち方。何事にも動じない男になる漢シリーズvol.2
何かあるとすぐに自分の考えがブレてします。怖気づいたり、ビビりやすい自分の性格を治したい人は、たった一つの事を意識するだけで克服できるのです!

コメント