万歳の意味と作法は?語源と正しい万歳のやり方について

万歳の意味と作法は?語源と正しい万歳のやり方について

よく、大学受験などで合格した時に『バンザーイ!バンザーイ!』ってやりますよね。

嬉しいことや喜ばしい時に何気なく使っているあの”万歳”。

両手をあげてみんなでするアレです。

みなさんは、”バンザイ”についてどれくらい知っていますか?

万歳とお手上げの違いについて

万歳:両手の掌を内側に
お手上げ:掌を正面に向ける
 

万歳についての参考動画:

 
『由緒ある万歳三唱の仕方』面白いですが内容は素晴らしいです。

 

日本最古の万歳は?

日本の万歳の歴史で記録に残っている日本最古の万歳は、桓武天皇が平安遷都した794年の時と記録されています。
しかし、この時の万歳は中国の故事にならって行われていたので、中国の発音に近い『バンゼイ』や『ワンセィ』のように発音していた。
また、この時代では両手を上げるスタイルではなく、『バンゼイ』とみんなで口を揃えて唱えるだけのおとなしいものであったと言われています。
いまの万歳のスタイルは、ずっと後の明治に入ってからの事ですね。
 

万歳三唱はいつから?

明治22年に明治憲法が発布された日に、式典で万歳三唱が考察されたのがきっかけ。
初めは、『めでたい』と言う予定だったが、なんだか偉そうに聞こえてしまうということから却下されたのです。
続いて“お祝いを申し上げる”の意味の『奉賀』が提案されたが、こちらは『ほうが~ほうが~ほうが~』と連続で言うと『アホが~』と聞こえてしまうということで、こちらも却下された。
最終的に中国の故事から『バンザイ』という言葉が決定されたのです。

あなたのこれからの素敵な人生を祈念して、万歳!万歳!万歳!

コメント