英語で間違い電話をしてしまった時の対応フレーズ集

他人にぶつかった画像

電車やバスといった人ごみの中では、突然だれかにぶつかったり足を踏んでしまう事があります。

そんな時のために、英語で謝る方法を学んでおきましょう。

電車やバスで人にぶつかった時に英語で謝るフレーズ集

すみませんは英語でいうと?

一番使いやすいのは、

Excuse me(エクスキューズミー)
これは日本語だと、少し軽い「すみません」にあたります。
軽くぶつかった程度であればExcuse me で大丈夫です。
続いて、丁寧な言い方であれば①と②になります。
③④に関しては、深刻な謝罪をするときに使われます。
① Sorry.
② I’m sorry.
③ I’m so sorry.
④ I’m really sorry.

「あっ!」などの感嘆詞を入れて気持ちを込める

日本語でも、ぶつかった時に「あっ!すみません」といった感嘆詞を、とっさに言葉に付けますよね。

もちろん英語でもあります。
それは、「Oh」や「Oops(ウップス)」がそうです。

これを使うと、こんな感じになります。

おっと!すみません!
Oops, Sorry!

このように感情を込めると、より自然な謝りかたになります。

相手を気遣うフレーズを加えるともっと良くなる

(謝る言葉)+(相手を気遣う言葉)が言えれば完璧です。

どうもすみません。大丈夫ですか?
I’m sorry. Are you OK?
どうもすみません。大丈夫ですか?
I’m sorry. Are you  all right?

言い訳を付け加えたいなら

すみません。わざとではありません。
I’m sorry. It was an accident.
本当にすみません。足が見えませんでした。
I’m really sorry. I didn’t see your foot.

他人があなたにぶつかってきた時の返答は?

外国人: Excuse me. It was an accident.
あなた:Oh, that’s okay.
外国人:Sorry.

このように、怪我もなく何もなければ「that’s okay」と返答してあげましょう。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、世界各国から日本へくる外国人は、急激に増加します。

電車や会場周辺や飲食店といった公共の場では、ぶつかったりするケースも増えます。
その時に、難しい単語を使おうとするのではなく、簡単な単語をスッと口から出てくるよう、覚えておくと外国人とのコミュニケーションも楽しくなります。

普段から一人でシュミレーションしておくと、とっさの時にフレーズが出てきますよ。 

 

コメント