外国人との挨拶で好感度を一気に上げる方法!

私は仕事で週に1~2回、初対面の外国人とお会いします。

最初に交わす挨拶は、その後のビジネスの進展を左右するほど重要なものだと思っています。

普段、あなたは外国人へ挨拶する時、どんなフレーズを使ってますか?

Hello!

Hi!

Good morning!

Nice to meet you.

どれも全く問題ありません。

しかし、相手との距離感をすぐに縮め、好感度を一気に上げたいのなら、少しコツが必要です。

今日はその挨拶のコツについてご紹介します。

外国人との挨拶で好感度を一気に上げる方法!

最初の挨拶で好感度を上げる

最初にコツをお伝えしますと、

挨拶は「相手の言語」を使うという方法です!

何だそんなことかと思うかもしれませんが、実践している人は意外と少ないです。

海外出張が多いビジネスマンくらいでしょう。

なぜなら、ほとんどの日本人は英語を話すという行為に集中し過ぎて、相手国の言語を使うという発想まで余裕がないからです。

さて、相手の言語を使うタイミングですが、これはほんの少しコツが必要です。

やみくもに使っても通じません。

外国人と何度も会話をしている人なら経験があると思いますが、会話中に突然日本語を挟んでくる人がたまにいます。
ある程度、聞き取れる発音で言ってくれれば理解できますが、聞き取れないと『んっ?なんだ?日本語言ったのかな?』と気まずい感じになります。

もちろん、私の方から相手の言語で何かを言った時も、相手の外国人は『何か言ったか?』といった顔をされます。

つまり、人間の脳は「英語」で話す姿勢でいるのに、突然英語ではない異なる言語を使われると脳がついて行かないのです。

では、どのように使えば最も効果的かというと。

【英語でもし言いたいことが伝わらない場合はこちらをご参考ください】

思っていることが言えない。英会話で気持ちを上手に表現する方法
外国人と話すと言葉が出てこない!それはあることが原因なんです!普段の生活から英語を考えれば、会話がスムーズになる。

英語→相手の言語の順番で話すこと

では、どのように使えば通じやすくなるのでしょう?

それは、英語でそのワードを言ったあとに、相手の言語をかぶせるという方法です。

例えば下の1と2の例をご欄ください。

1. Hi, Good morning Mr.○○相手の名前,
2. Guten Morgen(グーテン モルゲン)
1は「英語」の普通の朝の挨拶。
2は「ドイツ語」で(おはようございます)の意味です。
この1と2を連続で使うことで、相手は認識しやすくなります。
 
つまり、初めに相手の脳へ英語の「おはよう」を認識させることで、ドイツ語の「おはよう」を通じやすくさせるということです。
 
この時のポイントとして、1を言い終えてから2を少し溜めてから発するとより効果的です。
溜めをつくることで、相手は聞く体制になり、さらに相手は聞き取り易くなります。
 
ドイツに行けば、ドイツ語を。
中国に行けば中国語で。
このように、相手の言語で挨拶をするという、たったコレだけであなたは好感度を一気に上げることが出来ます。
デキるビジネスマンは、場の雰囲気を良くするために、商談の前の雑談を大切にします。
また、これはビジネスの場面だけではなく、あらゆる状況でも使えるコツですので、外国人との挨拶では普通にこれが出来るようになっておくと、あなたの好感度は上がるでしょう。
 
あなたも、もし外国人が『おはようございます』と日本語を使ってくれると嬉しいですよね。
どこの国の人であろうと、言語はコミュニケーションのツールにすぎません。
しかし、そのツールを上手に使えると、もっと良い関係を築くことができるのです。
 
スヴィダニエ!
 

コメント