上司からの暴力どうしたらいい?答えはすぐに辞めるべき!パワハラ問題

上司からの暴力どうしたらいい?答えはすぐに辞めるべき!パワハラ問題

もし、今あなたが暴力を振るわれているのならすぐに辞めるべきです!いいですか、中途半端な行動では、絶対、解決しません!

そして、一人では戦わないで下さい。国や民間の支援を受けながら、正しい方法で辞めてください。辞める事は、決して逃げることではありません。自分を守るための手段なのですから。

まずは、公的機関へ相談してみて下さい。

厚生労働省:総合労働相談コーナー

上記サイトは、
・解雇、雇止め、配置転換、賃金の引き下げ、いじめ、いやがらせなど、あらゆる労働問題を対象。
・予約不要、もちろんご利用は無料。
・公的機関ですので相談者のプライバシーの保護に配慮した相談が可能。

一人で悩まず、必ず相談して下さい。

 

上司からの暴力にもう耐える必要はありません!

痛い思いをする必要はない。
耐える必要もない。
悲しみ、苦しみ、憎しみに震える必要もない。

あなたの体はひとつしか無いのです。
壊れたら取り換えができない、
大切なカラダなんです!

なぜ、今すぐ辞めるべきかといいますと、
解決する方法は他にありますか?

あなたの会社が大きな企業であれば、部署移動や転勤など様々な選択肢があり、
異動する(相手をさせる)ことで解決する可能性も残されているでしょう。
それが一番良い解決策なのかもしれません。

しかし、日本における中小企業数は、約300万社。日本全企業の99.7%が中小企業です。
すなわちほとんどの方が中小企業に勤めている事となり、異動や配置転換が容易でない方のほうが多いのです。

少ない人数しかいない会社で、話し合いで解決できるとは到底思えない。
仮に、上司に相談し対象者へ注意をしたとしても、暴力をやめるのは一時的でしょう。もしやめても、次は無視や暴言などのパワハラが待っています。

パワハラは、年々増加の一途をたどっています
厚生労働省の発表によると、『いじめにより精神障害を発病し労災補償を決定した件数』は年々増加しており、各都道府県の労働局等への相談件数も増加傾向にあるようです。
つまり、社会全体がパワハラという問題に直面しているのです。

あなたは、きっと誰にも相談できずに悩み苦しんでいるのでしょう。
でも、我慢していても問題は解決しません。時間が経過すると、逆に相手はエスカレートする可能性もあります。だって、あなたに対して態度が日に日にひどくなっていませんか?

もし、信頼出来る上司や先輩がいるのなら、まずは相談して下さい。もしかしたら改善されるかもしれません。むしろ、最初の一歩はそこかもしれません。

相談する人が誰もいなく、社内の相談窓口も無いのなら、労働局の相談コーナーや都道府県の労働委員会などがの機関があります。

総合労働相談コーナー: 労働に関するらゆる分野の相談が可能

中央労働局: 個別労働紛争のあっせん

みんなの人権110番: 差別や虐待パワハラ等の相談

かいけつサポート: 公正中立な立場の第三者が間に入り解決

 

今のままでは、絶対ダメです。
耐えるのでは無い。
戦うのです。

正しいやり方と支援を受けて戦うのです。
泣き寝入りなんてする必要はありません。
簡単に言うなと思うかもしれませんが、気持ちを切り替えてください。

いいですか?

今の状況のまま、
明日も、
明後日も、
来月も、
来年も、
ずーっと、
そのままでいるのですか?

暴力に耐えられますか?

そもそも、

あなたは、暴力を受けるためにそこにいるのでは無い。
あなたは、ストレスのはけ口になるために存在するのでは無い。
あなたの尊厳は尊重されなければならないのです。

だから、戦うのです!
あなたの味方はたくさんいます。
だから、耐えないでください。

厚生労働省:あかるい職場応援団

負けないでください。

40代から職人へ転職するために必要な3つのこと
40代から職人へ転職するために必要な3つのこと 職人に転職したい? もし、あなたがサラリーマンで、これから職人を...

コメント