お盆は英語でなんていうの?英語で「Obon」を説明してみる

お盆の絵
お盆は英語でなんていうんだろう?
どうやって説明すればいいんだろう?
 
今日は、「お盆=Obon」をシンプルな英語で説明します。

お盆は英語でなんていうの?英語で「Obon」を説明してみる

先祖や亡くなった人たちが天国から家に帰ってきて供養する期間をお盆といいます。
東京だと715日を中心にお盆の行事を行うことが多いですが、他には815日に行うところも多いです。
そんな、お盆を外国人へ英語でシンプルに説明してみましょう。

日本語での「お盆」

 
お盆は日本で最大の仏教の祝祭日で、神道の正月につぐ規模で古くからお祝いしています。
ほとんどの会社は8月13日頃~16日にかけて盆休み(夏休み)となり、人々は田舎の実家に帰省します。13日頃になると人々は家の入り口近くに火をともして、野菜や果物を飾り、わが家へ帰ってくる先祖の霊を導きます。この時期に人々は広場や公園などに集まって盆踊りを踊ります。これはお盆の終わりに先祖の霊を送り返すためです。
 

英語での「Obon」

Obon is the biggest Buddhist holiday in Japan, second only to the Shinto New Year’s celebrations. From August 13 to 16, businesses close and people go to their parents’ homes in the country. On the 13th, people light fires and display fruit and vegetables near the entrances of their homes, to guide the spirits of their ancestors back. During this time, people gather in public places or park to perform Obon dance, to send the spirits of the ancestors away at the end of Obon.
 
このように、なるべくシンプルに概要を説明してあげることがスムーズな理解に繋がります。
 
最近は、すっかり見かけなくなりましたが、昔は公園で「盆祭り」がお盆中によく開催されていましたよね。外国人の人たちからすると、盆踊りの独特の踊りと音頭は、とても新鮮で刺激的なお祭りです。機会があれば、ぜひ誘ってあげてください。

コメント