春夏に最適なメンズのサマーセーター|大人のおしゃれ編

カッコイイ男性のマストアイテムであるサマーセーターを、あなたはカッコよく着こなせていますか?

おしゃれを上手に楽しむ素敵な紳士になるために、サマーセーターを詳しく知りましょう!

春夏に最適なメンズのサマーセーター|大人のおしゃれ編

サマーセーターってなに?

「セントアンドリュース」

北西ヨーロッパに位置するスコットランドの町「セントアンドリュース」。
ゴルフをプレイする方ならご存知のかたも多いでしょう。

なぜ、ゴルフを嗜む人なら知っているかというと、この「セントアンドリュース」という町には、神がつくった聖地といわれる世界最古のゴルフコースがあり、ゴルファーにとって憧れの聖地であり、一度は訪れたいコースの一つで有名なのです。

そんなセントアンドリュースなどのイギリスのコースは風が強いことでも有名で、ゴルファーにとって服装の選択が難しいです。

そこで、とても重宝するのがサマーセーター。
保温性が高く、軽くて動きやすいサマーセーターはとても便利なウェアの一つなのです。

また、コースのグリーンに映えるその色彩豊かでおしゃれなデザインのサマーセーターはゴルファー必須のアイテムとなりました。
また、イギリスのニック・ファルドという人気ゴルファーが爽やかにサマーセーターを着こなしプレイする姿を見て人気に拍車をかけたのかもしれません。

英国王室御用達「ロイヤル・ウォレント」を授かっているニットメーカー「プリングル」などの高級なサマーセーターになると天然素材を使用しカシミヤやジーロング・ラム(子羊の毛の中から厳選されたもの)、シェットランドウールなどで作られたセーターは肌触りがとても良く、優しさを肌で感じることができ、世界中で人気を博しました。

サマーセーターの素材は?

また、最近では麻などを使用したサマーセーターも多く、好みに応じて選ぶことが出来ます。
春夏には最適なアイテムです。

しかし、サマーセーターは素材ゆえに取り扱いにも細心の注意が必要です。
扱い方は知らずに適当に保管や洗濯をすると、せっかくのクオリティが台無しになるからです。

もし、あなたがサマーセーターを購入したら、ショップ店員に取扱い方法を確認しておくべきでしょう。
基本的に、自宅に帰ってきたらブラシなどでサッと汚れを落とし、風通しの良いところで丁寧にたたみ、保管してください。また、毎日着ることは避けましょう。

サマーセーターの着こなし方法

春から夏、秋にかけて、Tシャツ一枚ではちょっと肌寒かったり、ビジュアル的にちょっと紳士さをプラスしたい時に重宝します。

また、旅行先での寒暖差にもサラッと着ることができ役に立ちますね。
サマーセーターのインナーはユニクロなどの汗を吸収したり体温調整機能が備わったインナーを着ると着心地がとても良いでしょう。

湿気の少ない地域や外国であれば素肌の上からサマーセーターでもいいでしょう。
腕まくりして着こなすと、より大人の色気を演出することができるでしょう。

最近ではさまざまなデザインのサマーセーターがありますので、ご自身の体系や好きなスタイルから選ぶことができます。

また、腰に巻いてカジュアルに着こなすのも爽やかです。

大人のかっこいい男性に欠かせないのが、やはり清潔感を兼ね備えた男らしさではないでしょうか。

サマーセーターは春、夏、秋と長いスパンでコーディネートを楽しませてくれ、あなたを爽やかに演出してくれる最高のアイテムになるでしょう。

無造作にカッコよく!

コメント