年次有給休暇の理由は「遊びやレジャー」じゃダメなの?

年次有給休暇上司

年次有給休暇を使用して遊びに行きたい!レジャーを楽しみたい!

こういった人は多いでしょう。

今回は、この年次有給休暇の取得理由について解説します。

年次有給休暇の理由は「遊びやレジャー」じゃダメなの?

結論から申しますと、年次有給休暇の理由は「遊びやレジャー」でも取得できます。

昔の人はよく「年次有給休暇は病気やケガをした時に使うもの」と言う人がいました。

年次有給休暇サラリーマン

ですが、決してそんなことはありません。

年次有給休暇は、働く人が会社に雇用されてから要件(雇用日数など)を満たすことによって、自動的に発生するものです。

病気やケガでしか年次有給休暇が使用できないといったことは、ありませんので安心してください。

年次有給休暇OL

年休を取得する時期は社員が自由に選んでもいいの!?

年次有給休暇を取得するタイミングは本当に社員が自由に選んでいいの?

取得する時期については、基本的に社員のあなたが自由に選ぶことができます。

これは「時季指定権」という労働基準法で定められていますので、社員が自由に日にちを決めることができます。

あなたが遊びやレジャーで年次有給休暇を使用してリフレッシュすることは可能ということです。

年次有給休暇サラリーマン

有給を取得するにしても注意が必要なタイミングがある!?それは「時季変更権」という会社側の行使!!

いくら年次有給休暇を自由に選べると言っても、会社や職場の繁忙期に社員に休まれると、業務に支障がでる恐れがあります。

人手不足で業務が正常にまわらないといった事態が起こるかもしれません。休む社員が重要な業務を担っていたり、その社員しか扱えない業務があったら、正常な業務が難しくなりますよね。

そこで、労働基準法では「時季変更権」という行使を認めており、これは会社側が、社員の請求した有給取得日を、違う日に変更できるというものです。

ただし、この「時季変更権」の行使については、会社側がどんな時でも好きに行使できるわけではありません。

行使が認められない理由の一つに、普段から人手不足で、人を増員する努力をしていないような会社です。このようにいつも人で不足を理由に「時季変更権」を行使されたのでは、社員はいつまで経っても年次有給休暇を取得することができないからです。このような職場環境では「時季変更権」の行使は認められません。

会社側が適切に社員に休みを与えるよう努力をして、はじめて時季変更権の行使をすることができるのです。

会社側は慢性的な人手不足を解消して、社員は休むタイミングを上司や先輩と話合いながら決める。

このように、社員と会社側の双方がお互いの立場や利益を考えて、健全な信頼関係のもと検討することが、安心して長く働ける職場へとなるのでしょう。

上司のネットサーフィンが嫌だ!あなたのストレス撃退方法。ズバリ3選
上司の仕事中のネットサーフィンが本気で嫌だ!辛い!むかつく!とお悩みのあなたへ贈る、ネットを止めさせる効果的な方法をご紹介。ストレスフリーを手に入れませんか?

 

コメント