七夕は英語でなんていうの?英語で「Tanabata」を説明してみる

七夕の絵
七夕は英語でなんていうんだろう?
どうやって説明すればいいんだろう?
 
そんな「七夕=Tanabata」をシンプルな英語で説明してみましょう。

七夕は英語でなんていうの?英語で「Tanabata」を説明してみる

毎年、7月7日の夜に、願いごとを書いた短冊を笹の葉に吊るし、空にいるお星様にお祈りをする習慣「七夕」。みなさんは小さいころから行われていた習慣なので違和感が無いかもしれませんが、外国人からしたら不思議な習慣のひとつです。
 
それでは、七夕を説明する英語参考文をご紹介します。

日本語での「七夕」

七夕は、日本の代表的なお祭りでもあり、これは牽牛星(アルタイル星)と織女星(ヴェガ星)の2人の星の恋人が年に1回、7月7日だけ天の川で会えることをお祝いする祭りです。人々は色のついた紙片に願いを書いて、竹の枝に結びます。こうして夢が実現することを祈るのです。

英語での「Tanabata」

The tanabata star festival is celebrated on July 7. Tanabata is one of the most popular matsuri festivals in Japan. It commemorates the meeting of two star lovers, Altair and Vega, who can only meet in the Milky Way once a year on this day. People write their wishes on colored strips of paper and tie them to branches of bamboo trees. They hope their dreams will come true.
 

 補足

七夕(棚機)とは
①「たなばたつめ」の略。古事記(上)「あめなるやおとーのうながせる」。
②五節句のひとつ。天の川の両岸にある牽牛星と織女星とが年に一度相会するという、7月7日の夜、星を祭る年中行事。中国伝来の乞巧奠(きこうでん)の風習と日本の神を待つ「たなばたつめ」の信仰とが習合したものであろう。奈良時代から行われ、江戸時代には民間にも広がった。庭前に供物をし、葉竹を立て、五色の短冊に歌や字を書いて飾りつけ、書道や裁縫の上達を祈る。七夕祭り。銀河祭。
引用:広辞苑
 
日本の夢があるお祭り「七夕」。
もし、タイミングが合えば外国人の方を誘って一緒に短冊飾りをしてみると素敵な思い出を作ることができますよ。

コメント