ツアーコンダクターの業務内容とやりがいは?英語を使うお仕事

ツアーコンダクターの業務内容とやりがいは?英語を使うお仕事

ツアーコンダクターの業務内容は?

ツアーコンダクター(添乗員)

今や海外旅行はとっても身近なものになり、国内旅行に行く感覚で気軽にいけるようになった海外旅行。
そんな海外旅行者をトータル的に案内しサポートするのがツアーコンダクターの業務内容です。
プロの専門職として、旅行会社が企画するツアーに同行し、出入国手続き、税関検査の補助、現地での交通手段の説明、出発から帰国までまでのスケジュール管理を行い、旅行者の心遣いをします。

DMM英会話

ツアーコンダクターのやりがいは?

ある時は旅行者をまとめあげるリーダー的な要素が必要となり、あるいはツアーを盛り上げるエンターテイナーのスキルが求められ、そしてイレギュラーな出来事が発生した時は問題解決へのスキルが要求されます。

大変な業務だからこそ、旅行者から『ありがとう』『楽しかった』などの感謝の一言をもらえたら計り知れない達成感と感動が生まれるでしょう。
それこそが、ツアーコンダクターの”やりがい”と呼べるでしょう。

また、世界中のあちこちへ行くことができるのは、隠された最大の魅力です。
仕事とはいえ、世界の観光地へいけるなんて最高ですよね。
旅行好きの人にとってはまさに天職でしょう。

1日6分!聞くだけで英語が話せる

ツアーコンダクターの業務で英語は活かせる?

もちろんです。
外国へ一歩踏みいれば、あなたは現地人と旅行者をつなぐ橋渡し役にならなければいけません。様々な案件に対しあなたが英語やローカル言語で交渉する必要もあるでしょう。
すべては旅行者の安全、快適、素敵な旅行のために。
求められる英語スキルは、かなり高いです。
英語だけではなく、コミュニケーション能力も必要となってきます。
しかし、仕事を通じて経験を積み重ねることによって、英語のスキルは格段に上がる事でしょう。

成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

コンダクターになるには?

まずは、インターネットでツアーコンダクター関連会社を探して下さい。
説明会を定期的に開催している大手会社もありますので、希望するエリアを見つけましょう。
入社後に一定の実務経験を積み研修を修了し『旅程管理主任者』の資格を取得し、社内規定をクリアしたら晴れてツアーコンダクターとなります。
また、さらなるプロを目指すなら国家資格である『一般旅行業務取扱主任者』などの資格を取得するとより高い評価を得るでしょう。

 

以上が、ツアーコンダクターの業務内容とやりがいについてでした。
ツアーコンダクターは旅行者とともに外国へ旅をするので、
時には、病院へ一緒に行き通訳係になる。
時には、天候不良でフライトがキャンセルになる。
時には、旅行者の紛失物を探す。

とにかく、ありとあらゆる出来事に対して物事を解決しなければいけないお仕事です。
旅行が好きだからではやっていけないくらい、大変かと思うかもしれません。
しかし、旅行者が安心して海外ツアーへ参加できるのはツアーコンダクターのおかげなのです。

英語を活かせて、世界で活躍したい方にはオススメの職種です。

コメント