硬派な男はモテる?モテない?硬派な男の条件

硬派な男はモテる?モテない?硬派な男の条件

硬派な男ってモテるのだろうか?

そもそも、硬派な男ってどんなだろう?

こんな事を思う男性も多いでしょう。

あなたが男らしくないとか、硬派じゃないと思うのは、具体的な理想像(イメージ)がまだ薄いからです。

今回は、『男らしく硬派な男になるためのつ6の意志』をわかりやすくご紹介します。

人々の記憶や歴史に名を刻んだ男たちの行動や言葉をもとに、硬派になるために必要なマインドを詳しくかつ分かりやすく説明しています。

明確な理想人物像と意志を持つことで”かっこいい硬派な男”になることができます。

あなたも今日からカッコイイ硬派な男になってみましょう。

引用:ウィキペディア

硬派とは、自分たちの思想や主義、意見などを強く主張して、時に過激な行動も辞さない態度を見える一派を指す。
硬派とは、服装や男女交際を軟弱・柔弱として避け、「男らしさを」や質実剛健を好しとする傾向の青少年(青年や少年)の一派を指す。

硬派で男らしい条件1:理想像が明確になっている

やはり、硬派と言えばこの名俳優「高倉健」ですよね。
多くを語らず、何か事が起きれば身を持って助けてくれ、義理人情を重んじる、まさに”男の中の男”。硬派の代名詞です。
また、舘ひろし、北村一樹や西島秀樹など硬派な俳優はたくさんいますが、あなたには硬派と呼べる人はいますか?
また、歴史上の人物に目を向ければ坂本竜馬、吉田松陰、真田幸村、石田三成など、義に生きた人たちも硬派と呼べるのではないでしょうか。

現代でいう”硬派”という単語の同義語は、”男らしさ”が一番近いでしょう。

そう、男らしくあることが”硬派”であると言えるのです。
つまり、まじめで、意志はかたく、困難なことが起きても逃げず自分を犠牲にしても周囲を守る。このように見た目じゃなく、内なる行動から男らしい人になることで”硬派”というベールを身にまとえる”特別な男”になれるのです。

もし、あなたが男らしかったら、女性からは好かれ、同性である男からも頼られ慕われる存在へと変わるでしょう。
そうなった時の自分を想像してみて下さい。きっと素敵な人生と呼べますよね?

それでは、具体的にどのような行動をとれば”男らしさ”を手に入れることが出来るのかご紹介します。

硬派で男らしい条件2:逆境に立ち向かえる!

試練の数だけ男らしさがある!

あなたは日本刀の作り方をご存知ですか?
出来上がるまでに何度も高温の火に入れられ叩かれて初めて、あの強く美しくしなやかな刀が仕上がります。

人も同じで、何度も逆境や試練を乗り越えた者だけが美しく強くしなやかな人物へと形成されていくのです。
ただ、漠然と毎日を過ごしていただけでは何も経験は積めません。

歴史を見ても逆境を乗り越える事が出来た人は強い志を持っていました。
その志は何度も何度も逆境を乗り越えることで強くなっていくのです。

あの有名な日本の思想家・教育者「吉田松陰」の信念はとても強かったことで有名です。

時代は幕末、日本は鎖国中であり、アメリカのペリー艦隊が黒船で来航し日本に開国を迫った。その際、ペリーは大砲三発を見せつけ日本へ技術力の差を知らしめた。武士や町民みんなが「日本の力じゃアメリカには勝てない、もう終わりだ。」と嘆いている中、松陰は「相手をどうやって倒そうか」と考えた。そしてなんと、相手の技術力を学ぶため小船を盗み錨泊中のアメリカ艦隊へと乗り込んだ。しかしアメリカ側に航海を共にすることを拒否され、あげく密航したことが政府にバレてしまい、江戸から故郷の長州(山口県)萩へと送られたのであった。そして牢獄先で囚人たちを弟子に入れ一人ひとり親身に教えを説いた。
そして仮釈放後に松下村という小さな村で塾を開いたのが、のちに有名になる「松下村塾」である。そう、高杉晋作や伊藤博文を始めとする時代を変えた人物たちを輩出する塾の誕生である。

このように、一見無謀に見える行動であっても、吉田松陰からしたら自分の信念に基づいていつも行動している。”どうなっても怖くない、いつでも起死回生はできるもの”だと信じて立ち向かって生きていたのです。

その結果、後に日本を代表する政治家たちが吉田松陰を慕い思想に賛同したのです。

強い信念は持つにはどうすればよいか?

「私は吉田松陰みたいに強くなれない」という人も多いでしょう。
では、こう考えてみてはいかがでしょう?

ここから始まる!

なにか問題が起きた時に、逃げそうになった時にこの言葉を思いだし踏みとどまると効果てきです。
「ここから~が始まる」と思うのです。

たとえば、仕事で無理難題の案件を振られた時、逃げるのは簡単ですが「ここから僕の人生が磨かれ始める/成長の始まりなんだ」と思うと、ネガティブだった自分の気持ちがポジティブなマインドに変わるのです。
そして、実際にやってみると案外簡単だったりするものなんです。
結果的に逃げずにやり抜いた事で自分に自身が持てるようになり成長につながります。

そうです、見た目だけ”硬派”な服装をしても、それは薄っぺらい中身の伴わない硬派であり、すぐにボロがでます。本物の硬派になるには、内面から磨かれなければならないのです。

ブレない心の持ち方。何事にも動じない男になる漢シリーズvol.2
何かあるとすぐに自分の考えがブレてします。怖気づいたり、ビビりやすい自分の性格を治したい人は、たった一つの事を意識するだけで克服できるのです!

 

硬派で男らしい条件3:強い勇気を持っている!

5千円札のモデルとなった新渡戸稲造は著書の「武士道」のなかでこのように言っています。

勇気は義のために実施されなければ、人の徳のうちに数えられるに値するものではない。
つまり、あなたの勇気は良いものに使わないと意味がない。という事です。
一度、臆病な生き方を選ぶと一生臆病でいる事になり、そこから抜け出すのは容易ではない。
昔は、良く肝試しなる遊びがあったが、あれはあれで野蛮ではあるが”肝を強くする”という意味では大いに効果があったのでしょう。
 
突然ですが、ソ連の宇宙飛行士で”ガガーリン”という人をご存知ですか?
きっと名前は聞いたことがあるという人も多いでしょう。そう『地球は青かった』で有名な人です。
彼は1961年04月12日に史上初めて「宇宙飛行」に成功し人類の歴史的第一歩を踏み出した偉大な人物です。
想像してみて下さい、人類がまだ行ったことがない真っ暗で空気もない、未知なる生物や想像を超える世界が待っている大宇宙に行けと言われて、行けますか?
もちろん彼自身に宇宙に行きたいという志があったからこそ成し遂げられた計画ですが、何より勇気を持っていたからこそ成し遂げれた大プロジェクトだったのです。
つまり彼の勇気が世界の人々に感動を与えたのです。
このように役に立つ、助ける、支える、励ます、感動を与えるなど、誰かのために身を犠牲にできる勇気を持つことも”硬派”に必要なモノなのです。
身を犠牲にして前へ進む姿勢はいつの時代でも男女問わず惹かれます。

強い勇気を持ちにはどうすればよいか?

2017年に大ヒットした『アルフレッド・アドラー 一瞬で変わる100の言葉』の著書の中で、

人は「貢献感」を感じ「自分に価値がある」と思える時にだけ勇気をもつことができる。そして、私に価値があると思えるのは、わたしの行動が周囲の人たちにとって役にたっていると思える時だけである。
と記している。
つまり、人は誰かのために役に立っている。と思える時にだけ勇気を持つ事ができるのです。
そう考えるとあなたが周りの人たちに何をすればいいのかが見えてきますよね?
あなたの勇気が誰かの役にたつと思えば力も湧いてきます。

硬派で男らしい条件4:覚悟を決めているから男らしい!


【店内全品5倍】白洲次郎 日本で一番カッコイイ男 永久保存版【3000円以上送料無料】

少し前にNHKのドラマで話題になったのでご存知の方も多いのでしょうか?
白洲次郎は、とても強い芯を持った日本を代表する偉人です。
簡単に紹介すると、戦後の日本はGHQの統制下に置かれ、さまざなま無理難題をつきつけてきました。当時、有色人種に対しての人種差別はハッキリあった時代です。
それに対し白洲は「我々は戦争に負けたが、奴隷になったのではない」とGHQと激しくぶつかったのでした。そのような態度から白洲のことをGHQは「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたのです。
たとえ相手が誰だろうと逃げず立ち向かうその姿勢は欧米人にも認められたのです。

戦後の敗戦に打ちひしがれていた状況でGHQのような大きな組織相手に、これだけの自己主張を言える人は、まずいないでしょう。それは、白洲自身が常に覚悟を決めて生きていたからなのです。
個人の利益ではなく、国の利益に対して身を挺(てい)して守る。大きな気持ちです。

また、有名な武勇伝でこんな話があります。

当時、吉田茂首相の代理で天皇陛下から預かったクリスマスプレゼントをマッカーサー元帥へ持参した時のこと。
マッカーサー元帥の机の上はすでにクリスマスプレゼンがいっぱいで、白洲が持参したプレゼントを置く場所がなく、マッサカー元帥が床に置くようにと床を指すと、『いやしくも、かつての統治者からの贈り物を床に置けとは何事か!』とマッカーサー元帥へ怒鳴りつけたのである。

このように誰に対しても臆せず怯まず屈せずの態度をとれるような“強い男”は今も昔もなかなかいないでしょう。
強い男性はいつの時代でもモテます。それは力や権力の強さじゃなく、精神的な強さが基準なのです。

硬派で男らしい条件5:手を差し伸べる優しさを持っている!

あなたは、街中で見ず知らずの人が転んでいたら、とっさに手を差し伸べる事ができますか?
ほとんどの人が知らんぷりをするでしょう。

なぜ知らんぷりするかというと、

  • 知らない人だから
  • 手を差し伸べても断られたら恥ずかしいから
  • 周囲の視線が気になるから
  • 偽善者と思われたくないから
  • どうやって声を掛けたら良いのかわからない

きっとこのような思考を持っているからでしょう。

ほとんどの人は、周囲の評価を気にして生活していますが、いわゆる”硬派”な人は”自分の評価”を軸に行動しているので、周囲の評価に振り回される事がないのです。

ですから、硬派な人はいかなる状況下でも弱気を助ける強さを持っているのです。
こんな男性がいたらモテないわけがないです。

手を差し伸べる勇気を持てない時はどうすればいい?

あなたは、何か困っている人を助けようとするときに迷っていませんか?
たとえば、電車内で座っている時に目の前に年配の人が現れた時に席を譲る事ができますか?
きっと、『断られたら恥ずかしい・怖い』なんて余計な事を考えていませんか?

でも、それって結局のところ答えは”声を掛けてみなきゃ絶対分からない”ことなんです。

それならば、声をかけないより、掛けたほうが良いですよね?
だって声を掛けなくて相手が困るより、声を掛けて相手の気持ちを聞く方がスッキリしますよね?

あなたの周囲に、スッと手を差し伸べてくれる人っていませんか?
そうゆう人って考えるより先に行動していませんか?
つまり、最初のうちは躊躇するかもしれませんが慣れてしまえば、自然に手を差し伸べることができるのです。これは本当に習慣なんです。

あなたのその優しい気持ちが、相手をとても優しい気持ちにしてくれることを忘れないでください。その優しさはとても強く頼もしい”硬派”の象徴なのですから。

硬派で男らしい条件6:自己犠牲が出来る人!


高倉健主演 東映映画セレクション ブルーレイBOX(初回生産限定) 全5枚セット

最後に、硬派と言えばやはり高倉健という人が多いでしょう。
無口で、不器用で、硬派の代名詞の高倉健ですが、彼を慕う人は数えきれないほどいたそうです。

その中の一人、ビートたけしが映画「夜叉」で共演した時のエピソードがあります。

真冬の撮影中に高倉健はオフにも関わらず撮影現場に現れ、寒い中頑張って撮影している共演者・スタッフを激励しに現れた。しかし、暖をとるための焚き火にあたろうとしない。スタッフが「どうぞ焚き火にあたって下さい」と勧めるが、健さんは「自分はオフで来た身なので、自分が焚き火にあたると、皆さんに迷惑がかかりますので」と答えた。そのためスタッフだけでなく、共演者誰一人、申し訳なくて、焚き火にあたれなかった。

出典:Fresheyeペディア

よくいる、勘違いした人なら、自分の地位や立場を利用して椅子にふんぞり返りるでしょうが、高倉健はそんなことはせず、その場の空気をきちんと読み取り、何よりも共演者やスタッフを気遣い、いつも行動していたようです。

このような仕草振る舞いを普段からしていたからこそ、今でも沢山の硬派なエピソードが語り継がれる証なのでしょう。まさに「硬派」。

 

「硬派」というと、なんか古臭い感じがするという意見をよく目にしますが、決してそんなことはないのです。
また、硬派は少し硬すぎるから嫌だなんて声も若い世代から聞こえてきそうですが、それは本当の硬派を知らないからでしょう。

もし、あなたが見た目だけの硬派ではなく、内面から硬派になれた時、きっとご紹介した数々の硬派な男たちと同様に色々な人があなたを好きになりモテるでしょう。

決して流行に流されない硬派な男に人は憧れるからです。

コメント